あなたに贈る「今日は何の日?」

インタビュー

今日のクリエイター × DAYS Book 365
世界に一つの「今日」を贈る #6 (前編)
漫画家/コラムニスト
渋谷直角さん

数々の雑誌での執筆活動を精力的に行い、近年は漫画家としても『カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生』、『奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール』など、「文化系」の縁に立つ男女の姿をシニカルに綴った話題作を世に送り出している渋谷直角さん。
 
今回、2016年9月24日に群馬県高崎市にレコードショップ「September Records(セプテンバーレコード)」をオープンしたアートディレクターのご友人・山崎つよしさんに、渋谷さんが独自のアレンジを加えたDAYS Book 365(以下、DAYS Book)を「開店3か月祝い」として贈ることに。キャリアの駆け出しの頃からの仲でもある山崎さんに贈られるDAYS Book、どのようなアレンジが施されたのでしょうか?
image2_s

―このアレンジのテーマは……もしかしてビートルズでしょうか? 本のいたるところにビートルズのメンバーが(笑)。
 
はい。(山崎)つよしくんはビートルズが好きで、前からビートルズのレコードをコレクションしているんですけど、この本のアレンジも「ビートルズにお祝いのメッセージを書いてもらったぜ」みたいな設定です(笑)。
小学生の頃って、「ウチ、ファミコンのソフト全部あるぜ」とか言ってくるクラスメイトがいたじゃないですか。なんでそんなウソを……みたいなことを。そのノリで「ウチ、ビートルズからもらった本あるぜ」と言った子どもが、そのときは「ウソだろ」と笑われつつも、大人になって「ホラ、ちゃんとあっただろ」とこの本を持ってくる……そういう、『ビッグ・フィッシュ』(ティム・バートン監督)的なストーリーです(笑)。でも現物はどう見てもニセモノという(笑)。

image3_s

―過去にも山崎さんに何か贈り物をしたことはありましたか。
 
うーん……あ、昔パリに行ったときにお土産でレコードをあげたような気がします。その頃はおそらくまだ、つよしくんはビートルズを集めてなかったんですよね。
本を贈るというのは 普段あんまりしないので、今回は少し照れくさいところもあるんですけど、この本のもともとの内容自体は、その日付に起きたことの事実の羅列なので、プレゼントしてもあまり押し付けがましくないから良いですよね。 シャイな自分でもそこまで抵抗なく渡せるかな、と思いました。
本に何か書き込んだり、上から落書きみたいなことをするのは小中高の教科書以来で、なんか少しハマりそうな感じはありましたね。延々やり続けられそう、というか。
image4_s

―もともと、山崎さんとの出会いのきっかけは?
 
1998年ごろ、僕が当時編集部にいた『relax』(マガジンハウス)のリニューアル記念のイベントにつよしくんが来て、一緒にイベントをやらないかと誘われたんです。その当時、渋谷にZESTっていうレコードショップがあって、「僕、ZESTでバイトしてるんです。レコード安くなりますよ」みたいな口説き方をされて(笑)。それから月1〜2回、渋谷のちっちゃいクラブでイベントをやってました。
 
―その当時も山崎さんはレコード屋さんだったとは。まさかの大物スターによる開店祝い(という設定)のDAYS Book、反応が楽しみです。
 
(後編に続く)
 
 
渋谷直角(しぶや・ちょっかく)
1975年生まれ。漫画家/コラムニスト。著書に『カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生』(2013年、扶桑社)、『ゴリラはいつもオーバーオール』(2016年、幻冬舎)など。『SPA!』で連載された漫画作品『奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール』(2015年、扶桑社)は、2017年9月に劇場版の公開が決定している。
http://www.shibuyachokkaku.com/
 
撮影/後藤洋平

  • 今日のクリエイター × DAYS Book 365
    世界に一つの「今日」を贈る #6 (後編)
    漫画家/コラムニスト  「September Records」店主
    渋谷直角さん×山崎つよしさん
  • 今日のクリエイター × DAYS Book 365
    世界に一つの「今日」を贈る #5 (後編)
    ハイパーニットクリエイター メディアアートアニメーター
    力石咲さん×モシ村マイコさん
  • 今日のクリエイター × DAYS Book 365
    世界に一つの「今日」を贈る #5 (前編)
    ハイパーニットクリエイター
    力石咲さん
  • 今日のクリエイター × DAYS Book 365
    世界に一つの「今日」を贈る #4 (後編)
    アニメーション作家   フリーマネージャー
    ぬQさん×城光寺美那さん
TOP OF PAGE